中途採用で民間企業経験者を募集している地方公務員

地方公務員と言えば、終身雇用のイメージがかつては強く、中途採用は臨時職員が一般的でした。現在では、民間企業経験者を正規の職員として採用する自治体もあり、その動向に目が離せません。

地方の課題として共通点で挙げられるのが、雇用創出ゆえに社会人経験がある即戦力を必要とされる場合があります。中でも観光産業雇用創出と企業誘致に関わる仕事に携わった人などの求人を見かけることが、比較的多くあります。

中途入社と言っても各自治体の年齢給をベースに給与を算出するので、生活面で保証もされていると言っていいでしょう。期限が終わると自動的に退職、或いは観光協会をはじめ行政の外郭団体へ就職を勧められる場合があります。

後者の場合では自治体によっては外郭団体の社員か市の臨時職員としての立場と給与を含む社会福利厚生を保証される場合があります。本人の希望次第ですが、職場に長くいれることは、安心でもあります。公務員もいろんな選択肢があり、中には移住定住を兼ねて自分の得意な分野を活かして地方で働いている人もいます。銀座カラー 予約 全身脱毛 キャンペーン