なんとかならないかと思っていたが、やはりそうだった

自転車に対する取り締まりが強化されだしてから久しいが、最近は取り締まりをやっている場面に合わなくなった気がする。
まえから、気になっていたのが点滅ライトで走行している自転車だ。ロードタイプの自転車に多いが個人的に迷惑だと思っていた。すると今日ある記事を見つけた。
それは、「自転車の点滅ライト、灯火にあらず」。道路交通法のよれば、「車両は夜間道路にある時は前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。」と、なっており、都道府県の規則では、「前照灯は10メートル先の道路上の障害物を確認できる明るさが必要」と、あるそうで、点滅ライトは条件を満たさないので不可のようだ。反対側から点滅ライトをつけて走ってくる自転車を見ていると確かに自転車の存在には気が付くが時々点滅ライト見ていると気分が悪くなることもあった。ロートバイクに乗るような人は自転車乗りとしてのプライドがあると思うので是非一考願いたいところだ。それと申し訳ないがLEDライトの向きをちょっと下向きにして欲しいと言いたい。実は結構まぶしいのだ。愚痴ってしまったが、お互い気持ちよく自転車に乗りたいものだ。